このエントリーをはてなブックマークに追加
TechCrunch

フィンテックのChimeが約1.5兆円のバリュエーションで510億円調達、EBITDA黒転を主張

 IPOウィークの真っ只中に、新たな会社名を将来のデビューリストに追加する必要がある。Chime(チャイム)は9月18日、新たな巨額ラウンドを発表した。コンシューマーフィンテックの巨人は4億8500万ドル(約510億円)のシリーズFで145億ドル(約1兆5200億円)と評価された。 Read More